なぜ入社しただけで?企業が入社祝い金を支給する3つの理由とは

入社祝い金とは
入社祝い金とはどんな制度なのでしょうか。 解説致します!

「なぜ入社するだけで祝い金がもらえるの?」「本当にもらえる?」「怪しい求人なのでは?」など、入社祝い金について疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

確かに「入社しただけでお金がもらえる」なんて、少し怪しく感じてしまいますよね。

ですが、実は入社祝い金は怪しいものではありません。企業側にもメリットがあるから支給しているのです。

そこで今回は入社祝い金について、「なぜ入社祝い金が支給されるのか」など企業が支給する理由を中心に紹介していきます。

入社祝い金が受け取れる求人選びのポイントまで紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

●こんな人に読んでほしい記事です

  • 入社祝い金について気になる
  • 入社祝い金が怪しいと感じている
  • なぜ企業は入社祝い金を支給するのか知りたい

 

そもそも入社祝い金とは?本当にもらえるの?

入社祝い金とは。高額の理由は?
入社祝い金という待遇を知っていますか?

「入社祝い金がなぜ支給されるのか」を解説する前に、まずは入社祝い金がどういったものなのか理解しておきましょう。

入社祝い金とは

そもそも「入社祝い金」とは、採用が決まった際に企業から支給される臨時報酬のことです。

主に工場の派遣社員や期間従業員(期間工)の求人などでよく募集されています。

よって、入社祝い金を出している求人に入社を決めた人が、入社祝い金を受け取れる対象となります。

入社祝い金をもらうには条件がある

入社金は「入社しさえすれば必ずもらえる」というわけではありません。多くの企業でそれぞれ条件が定められており、それを満たす必要があります。

<入社祝い金を受け取るための条件の例>

  • 一定期間の在籍(3カ月~6カ月程度)
  • 遅刻・早退・欠勤の回数が少ないこと

 

たいていの企業では「在籍期間」「勤務態度」が条件となっています。

企業としては「入社祝い金だけを目的に入社し、すぐやめられたり、欠勤が多かったりすると困る」という考えがあるため上記のような条件を設けているケースが多いです。

これらを満たさなければ入社祝い金がもらえないため、就業前や就業直後に必ず「入社祝い金の支給条件」を確認しましょう。

関連記事:入社祝い金には条件がある!確実にもらうためのポイントを紹介

入社祝い金がもらえる時期は企業ごとに異なる

入社祝い金は「必ず入社後すぐにもらえる」というわけではありません。企業によって入社祝い金が支払われる時期は異なります。

<入社祝い金がもらえる時期の例>

  • 入社直後
  • 入社の翌月(初任給と同時に)
  • 支給条件を満たした直後
  • 入社直後から数カ月に分割して支給

 

このように企業ごとに支給時期は異なるため「入社祝い金で転職期間の金欠を何とか補おう」と考えていても、すぐにもらえない可能性があります。

金銭状況が厳しい方は、入社前にもらえる時期や支給方法を確認しましょう。

もし金銭状況が厳しい方で、入社祝い金がすぐに出ない場合は「即日払い」や「前払い」があるか聞いてみることも1つの手段です。

企業によっては対応してくれるため、聞いてみましょう。

「即日払い』や『前払い』について詳しく知りたい方は下記の記事がおすすめです

関連記事:日払いとは? メリットや注意点などを徹底解説!!
関連記事:前払いとは?意外な注意点やメリット、おすすめの求人を紹介

入社祝い金の金額相場は?

入社祝い金について、多くの人が気になるのは「金額」ですよね。

入社祝い金の金額は業界や雇用形態によって相場がわかれます。業界ごとに見ると以下の通りです。

<業界ごとの入社祝い金の相場>

  • 警備スタッフ…1万~5万円
  • 福祉・介護職員…5万~10万円
  • トラック運転手…10万円
  • タクシー運転手…10万円~20万円
  • 工場勤務…10万~50万円

 

また、雇用形態でも入社祝い金の金額が変わってきます。ここでは工場勤務を例として紹介します。

<工場の入社祝い金相場>

  • アルバイト…数万円
  • 派遣社員・正社員…数万円~10万円
  • 期間工…30万円~50万円

 

入社祝い金の金額が高い工場勤務の中でも、特に期間工はかなりの金額の入社祝い金が支給されます。理由としては「期間工を募集している工場の多くが大手の自動車メーカーだから」です。

大手自動車メーカーは人材を集めるための資金に余裕があるため、入社祝い金の金額も高く設定されています。

入社祝い金の金額は業界や雇用形態によって異なりますが、数万円~最大で50万円程度が相場です。「できるだけ入社祝い金で稼ぎたい」という場合は期間工などの求人を探すといいでしょう。

関連記事:【相場は?確実にもらえるの?】入社祝い金の気になる疑問を解消します!

なぜもらえる?入社祝い金のからくりとは?

入社祝い金はなぜもらえるの?
入社祝い金はなぜもらえるのか知っていますか?

ここまで、入社祝い金についての概要を紹介してきました。入社祝い金の「条件」「支給時期」「相場」についての理解が深まったかと思います。

ここからは、皆さんが気になる「なぜ企業は入社祝い金を支給するの?」という疑問を解消していきます。

「入社祝い金を出す企業は怪しい」「何か裏があるのでは?」と疑念を抱いている方も、ぜひ読んでみてくださいね。

企業が高額な入社祝い金を設定している理由としては、主に以下の3つがあげられます。

  • 人材を集めたい
  • すぐに辞められるのを防ぐため
  • 仕事に向けた準備をしてもらいたい

 

1つずつ詳しく解説していきます。

入社祝い金がもらえる理由1.人材を集めたい

企業が入社祝い金を支給する理由としてもっとも代表的なのが「人材を集めたい」ということです。

求人票に大きく「入社祝い金支給!」などのように書かれている場合は「人材を集めたい」という狙いがあります。

人材を集めたい理由は企業によってさまざまです。

  • 職場のアクセスが悪く、人材が集まらない
  • 繁忙期が迫っており、人手が足りない
  • 仕事内容が不人気で人材が集まらない

 

上記のような求人は、他の求人よりも魅力的に思ってもらえるように高めの入社祝い金を設定しています。

そのため、入社祝い金が高い求人に募集する際には「通える場所か(寮はついているか)」「仕事内容は自分に合っているか」などをしっかりと確認するようにしましょう。

入社祝い金がもらえる理由2.すぐに辞められるのを防ぐため

企業が入社祝い金を支給する理由として「すぐに辞められてしまうのを防ぐため」ということがあげられます。

入社祝い金の支給に条件に「一定期間以上の在籍」が設けられているのは「入社祝い金をもらってすぐやめる」という人を防ぐとともに、早期離職を防ぐことも狙いとしているのです。

従業員が辞めやすいのは、仕事に慣れていない「最初の数カ月」です。企業は採用や研修にもお金をかけているので、従業員にはできるだけ長く在籍してほしいと考えています。

そのため、入社祝い金と在籍期間の条件を設定し、早期の離職率を下げているのです。

こう聞くと「劣悪な作業環境だから早期退社が多いんだ」と考える方もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

人は新しいことを始める際にどうしても壁があります。「仕事がうまくできない」「慣れない寮生活」「新しい人間関係」などの障壁から辞めてしまう人も多く、どんな企業でも早期離職はあるものです。

しかし、これらは時間が経てば「慣れる」ため、少しでも長く在籍してもらうことを目的に企業は入社祝い金を設定しています。

そのため「入社祝い金がある企業は離職率が高いことの裏返しだ」と決めつけてしまうのはもったいないです。

もちろん「劣悪な環境の職場」も中には存在するため、偏見に囚われず、入社祝い金が出る求人は求人票を隅々までチェックすることが大切です。

入社祝い金がもらえる理由3.仕事に向けた準備をしてもらいたい

企業が入社祝い金を支給するのは「仕事に向けた準備をしてもらいたい」ということも理由の1つです。

入社してから初給料が入るまでは1~2ヶ月のタイムラグがあります。この期間に従業員がお金に困らないように入社祝い金を設定しているのです。

入社直後は金欠になりやすいということは、企業もよく理解しています。

また、新しい仕事を始めるにあたって、引っ越しなどでお金が必要になる場合もあります。

そういった準備に万全を期して仕事に臨んでもらうためにも、入社直後に祝い金を支給して従業員を支援しているのです。

入社祝い金だけを見て求人を決めると後悔する

入社祝い金だけで判断すると失敗する
入社祝い金だけで仕事を決めてしまうと思わぬ失敗につながってしまいます。

ここまで、入社祝い金がなぜ支給されるのかについて、3つの理由を紹介してきました。

入社祝い金は怪しいわけではなく、何かしらの理由があることはおわかりいただけたかと思います。

ここまで読んで、入社祝い金が支給される求人に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

ここからは入社祝い金の出る求人を選ぶ際のポイントについて紹介していきます。求人選びのポイントは以下の通りです。

入社祝い金の金額だけで求人を決めると損することがありますので、ぜひ以下の内容を参考にして求人選びを成功させてください。

<入社祝い金の出る求人を選ぶ際のポイント>

  • 長い目で見てももらえる金額は高いか
  • 仕事内容や会社の雰囲気は自分に合っているか
  • 目先の利益だけでなく将来のキャリアにとってもプラスか
  • 入社祝い金以外の待遇に問題はないか

 

1つずつ詳しく解説していきます。

入社祝い金が出る求人は「入社祝い金を出すことで求人を魅力的に見せている」ため、基本的に「求人の中身」までしっかりと見ることをおすすめします。

求人選びのポイント1.長い目で見てももらえる金額は高いか

求人選びのポイントとして「長い目で見てももらえる金額は高いか」を確認しましょう。

入社祝い金が高くても、基本給が低ければ受け取れる金額は結局少なくなってしまいます。

目先の金額だけでなく、時給を確認し、長期的に見ても稼げるかどうかを計算するといいでしょう。

求人選びのポイント2.仕事内容や会社の雰囲気は合っているか

求人選びのポイントとして「仕事内容や会社の雰囲気は合っているか」があげられます。

入社祝い金が出るとはいえ、求人を選ぶということは「仕事を選ぶ」ということです。とくに高額な入社祝い金が出る求人の中には「離職率が高い求人」も存在します。

「その企業で長く働けそうか」「自分に合った仕事か」を必ず確認しましょう。

求人選びのポイント3.将来のキャリアにとってもプラスか

求人選びのポイントとして「目先の利益だけでなく将来のキャリアにとってもプラスか」ということを見る必要があります。

入社祝い金の金額だけに気を取られてキャリアアップが難しい仕事に就いてしまうと、将来的に昇給できず、もらえる金額が結果的に少なくなってしまうこともあるからです。

「この仕事でキャリアアップできるか」「自分が技術を磨きたいと思える仕事か」を意識して求人を選びましょう。

キャリアについてよくわからない方は以下のポイントを参考にしてみてください。

<キャリアを見る際のポイント>

  • 正社員に昇進できるか(正社員登用制度があるか)
  • 資格の取得をサポートしてくれるか
  • 専門的なスキルや技術を磨ける仕事か

 

求人選びのポイント4.入社祝い金以外の待遇に問題はないか

求人選びのポイントとして「入社祝い金以外の待遇に問題がないか」を確認する必要があります。

例えば「入社祝い金はもらえるけど、寮費は負担しなければならない」となると、出費がかさんでしまい、せっかくの入社祝い金がなくなってしまいます。

入社祝い金以外の待遇に問題がないか、求人票をチェックしたり、担当者に問い合わせたりして確認しましょう。

入社祝い金以外の待遇としては以下のようなものがあります。求人を選ぶ際の参考にしてみてください。

<入社祝い金以外に見るべき待遇>

  • ボーナスや退職金、福利厚生はどうか
  • 寮費は無料かどうか、光熱費は負担してくれるか
  • 満了慰労金などの手当は充実しているか
  • 交通費は支給されるか、寮の場合は職場への通勤手段は何か
  • 食費の支給はあるか、食堂は完備されているか
  • 赴任費用(引っ越し費用など)は負担してくれるか

 

関連記事:入社祝い金が高額な仕事を探すには?ポイントや注意点を紹介

【まとめ】入社祝い金は怪しいわけではない

入社祝い金は怪しいわけではない
入社祝い金を活用してがっつり稼ごう!

ここまで、入社祝い金について支給される理由を中心に紹介してきました。

この記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 入社祝い金は「条件」と「支給時期」に注意
  • 入社祝い金は高額で、期間工では最大50万円に上ることも
  • 入社祝い金を支給する理由は「人材集め」「離職率低下」「従業員の支援」のため
  • 入社祝い金は怪しくはないが、理由がある
  • 入社祝い金の金額に惑わされず求人を判断することが重要

 

入社祝い金が出る求人は怪しいわけではありません。

入社祝い金を出すことで「できるだけ多くの人材を獲得したい」と考えているため、条件さえ満たせば本当に入社祝い金を受け取ることができます。

注意点としては「入社祝い金以外の求人要件もしっかりと確認して応募する」ことです。

もし仕事内容が合うものの中で入社祝い金が高額な求人があればラッキーです。

通常の求人よりもお得に就業できますので、迷わず応募しましょう。

ぜひこの記事で解説した内容を参考にして、素敵な求人を見つけてみてくださいね!

入社祝い金が高額な求人を探すなら「コウジョブ」がおすすめ

入社祝い金のお仕事はコウジョブで探すのがおすすめ
入社祝い金付きのお仕事はコウジョブで探すのがおすすめです!

入社祝い金は条件を満たせば入社しただけで受け取ることができ、期間工などでは数十万円も支給されます。

ここまで読んで、入社祝い金が出る求人に興味が出てきた方も多いのではないでしょうか。

高額な入社祝い金が支給される「期間工」などの工場求人を探すなら、工場求人を専門に取り扱っている求人サイト「コウジョブ」がおすすめです。

コウジョブを使って求人を探すことで、入社祝い金の高い求人が多数見つかるだけでなく、それ以外の手当も好条件で、キャリアアップも狙える工場求人に出会うことができます。

求人は全国に対応しているため、勤務地で迷うこともありません。

入社祝い金が出る求人への応募を検討している方はもちろん、入社祝い金が出る求人を見てみたいという方も、まずはコウジョブに登録してみてはいかがでしょうか?

好条件で自分に合った魅力的な求人に出会えますよ!

コウジョブ

「コウジョブ」は工場・製造業のお仕事専門の求人サイトで、高収入や好待遇・寮付きの工場に勤務するお仕事を多数掲載しています!
雇用形態は正社員・派遣社員・契約社員などがあり、条件も高収入・寮付き・日払い・ボーナスなど魅力的なものを多く掲載しているので、きっとお気に入りのお仕事が見つかります。

【エリアで検索】
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄

【都道府県で検索】
北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|宮城| 秋田県|山形県|福島県|
関東
茨城県|栃木県|群馬県|埼玉県| 千葉県|東京都|神奈川県|新潟県|
甲信越・北陸
富山県|石川県|福井県|山梨県| 長野県|
東海地方
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県|
関西地方
滋賀県|京都都|大阪府|兵庫県| 奈良県|和歌山県|
中国地方
鳥取県|島根県|岡山県|広島県| 山口県|
四国地方
徳島県|香川県|愛媛県|高知県|
九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県| 大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。