【楽とは限らない?気になる仕事内容は?】軽作業とは?徹底解説します

「求人票で『軽作業』という言葉を目にしたけど、どんな仕事をするの?」「軽作業って言葉は楽そうだけど実際どうなの?」と、軽作業についてわからないことも多いのではないでしょうか。

軽作業とは工場などの単純作業を指すことが多いですが、実は定義はなく、企業によって分類はさまざまです。

今回はそんな軽作業について、代表的な仕事内容や、実際に働く際の魅力的な面と大変な面などを解説していきます。この記事を読むことで軽作業についての知識がつき、自分が軽作業で働くべきかどうかがわかりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • こんな人に読んでほしい記事です
  • 軽作業についてよく知らない
  • 軽作業で働くか悩んでいる
  • 軽作業の魅力や大変な面を知りたい

軽作業とは

軽作業とは製造業などの工場で商品の梱包や仕分け、検品などを行う仕事のことです。厳密な定義はなく、募集先の企業の判断によって分類されています。基本的に軽作業は専門知識や専門スキルを必要とせず、未経験でも働ける仕事がほとんどです。

“軽”作業と名前が付いていますが、必ずしも軽いものだけを扱う楽な仕事というわけではありません。中には重たいもの仕分けをしたり、立ちっぱなし・動きっぱなしで体力を必要としたりと、とても“軽”作業という言葉のイメージとはかけ離れた仕事もあります。

軽作業の仕事内容

では、軽作業とは具体的にどのような仕事をするのでしょうか。ここでは、主な軽作業の仕事内容を紹介していきます。主な軽作業の仕事として、以下のものが挙げられます。繰り返しになりますが、軽作業の分類は企業によって様々ですので、今回紹介した仕事以外が含まれる場合もあります。

  1. 検品
  2. 梱包
  3. 仕分け
  4. ピッキング
  5. 組み立て
  6. 商品管理
  7. シール貼り
  8. イベントスタッフ
  9. ポスティング

工場内での作業はもちろん、イベントスタッフやポスティングなども軽作業に分類されることがあります。

今回は軽作業の中でも代表的な上位5つについて、1つずつ簡単に仕事内容を紹介していきます。

軽作業の仕事1.検品

出荷する前の製品に不良品や傷、異物などが混じっていないか確認する仕事です。ベルトコンベアーで流れてくる商品をマニュアルに沿って確認していくため、特別なスキルや知識は必要ありません。あまり体力を必要としない反面、不良品を見逃すと市場に出回ってしまいクレームや事故の原因となってしまうため責任感のある仕事です。

 軽作業の仕事2.梱包

出来上がった製品を梱包し、出荷用の段ボールなどに詰めていく仕事です。仕事内容は複雑でなく、覚えるのも簡単ですが、素早い作業と正確な個数管理、きれいな梱包作業などが求められます。

 軽作業の仕事3.仕分け

仕分け作業とは製品や荷物を仕分けていく作業です。運送業の工場や、製造業の工場の入出荷段階で配送エリア別に分類していくのが主な仕事です。作業内容は簡単ですが、重たいものを仕分けることも少なくなく、体力を必要とすることがあります。また、配送先を間違えてしまうと遅延につながるため、正確な作業が求められる仕事です。

 軽作業の仕事4.ピッキング

ピッキングとは製品や部品を指示通りにピック(選び取る)し、運ぶ仕事です。ピッキングは動き回ることが多く、体力が必要な仕事ですが、工場によっては専用の機械を運転してピッキングを行います。

 軽作業の仕事5.組み立て

組み立てとはベルトコンベアーで流れてくる部品を組み立てていく仕事です。電子部品や自動車、家電など扱う製品はさまざまで、スピードと正確さが求められる仕事です。製品の大きさによっては重い部品を扱うこともあり、体力を必要とする場合もあります。

 軽作業の魅力

ここまで、軽作業について基本的な事項から代表的な仕事の内容まで紹介してきました。軽作業とはどういった仕事か理解が深まったかと思います。では、実際に軽作業で働くのはどのような魅力や苦労があるのでしょうか。ここではまず、軽作業の魅力について紹介していきます。軽作業の魅力をまとめると以下の通りです。

  1. 黙々と作業できる
  2. すぐに仕事を覚えられる
  3. 体を動かせる
  4. 未経験でも活躍できる
  5. 年齢・性別問わず活躍できる

1つずつ詳しく解説していきます。

 軽作業の魅力1.黙々と作業ができる

軽作業は黙々と集中して作業できる仕事が多いのが魅力です。基本的に1人で作業を進めていくため、ほかの従業員とのコミュニケーションは最低限で済みます。接客や営業のようにお客様とのコミュニケーションもないため、ひたすら黙々と作業をしていきたい人に向いている仕事でしょう。

 軽作業の魅力2.すぐに仕事を覚えられる

軽作業の魅力は、すぐに仕事を覚えられることです。軽作業には基本的に複雑な作業はありません。また、マニュアルが存在しているため、1度マニュアルを覚えてしまえばスムーズに作業を行うことができます。イレギュラーな対応もほとんどないため、ストレスなく作業を進めていけるのが魅力です。

 軽作業の魅力3.体を動かして働ける

軽作業の魅力として、体を動かしながら働けることです。立ちながら仕事をしたり、工場内を動き回ったりと体を動かして仕事ができるため、普段デスクワークで運動不足になりがちな方が副業として軽作業を行うケースも見られます。

 軽作業の魅力4.未経験でも活躍できる

軽作業の魅力として、未経験でも活躍できることが挙げられます。特別なスキルや資格は必要ありません。軽作業は仕事をすぐ覚えることができ、複雑な作業もないため、未経験でもすぐに戦力になれます。

 軽作業の魅力5.年齢・性別問わず活躍できる仕事が多い

軽作業の魅力手として、年齢・性別問わず活躍できる仕事が多いことが挙げられます。軽作業の分類は企業によって異なるため、中には若い男性の体力がないと厳しい仕事もありますが、基本的には年齢・性別問わず活躍できます。軽作業で実際に働いている人も、仕事によっては女性や年配の方が多く活躍しています。

 軽作業の大変なところ

ここまで軽作業の魅力を紹介してきました。軽作業は未経験でも活躍でき、黙々と作業をこなせるのが魅力です。そんな魅力が多い軽作業ですが、大変な面ももちろんあります。ここからは軽作業の大変なところを紹介していきます。まとめると以下の通りです。

  1. 単純作業の繰り返しで飽きる
  2. 体に負担がかかる仕事も
  3. 作業環境が悪いことも

1つずつ詳しく解説していきます。軽作業に就業してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、大変な面まで把握しておきましょう。

 軽作業の大変な面1.単純作業の繰り返しで飽きる

軽作業の大変なところとして、単純作業の繰り返しで飽きるということが挙げられます。単純作業の繰り返しは仕事を早く覚えられ、黙々と作業を進められるなどの魅力がありますが、一方で飽きてしまったり、集中力が欠けてしまったりする可能性もはらんでいます。単純作業の中でも小さな工夫をすることで飽きを防ぎましょう。

 軽作業の大変な面2.体に負担がかかることも

軽作業は体を動かす仕事が多く、中には重いものを運ぶ仕事や、工場内を動き回る仕事もあります。また、作業は繰り返しが多いため極端に同じ部位を使い続けたり、同じ姿勢が続いたりと、体に負担がかかってしまうこともあります。“軽”作業という言葉に騙されないようにしましょう。

 軽作業の大変な面3.作業環境が悪いことも

軽作業は倉庫や工場で働くことがほとんどですが、工場によっては空調を利かすことができなかったり、製品や薬品の独特な臭いが充満していたり、過酷な環境で働くケースもあります。働いていく中で先輩に温度調節のアドバイスをもらったり、工夫したりして乗り越えましょう。

 軽作業に向いている人の特徴

ここまで軽作業の魅力的な面と大変な面を紹介してきました。軽作業は単純作業なので、楽に仕事ができる反面、飽きやすいという特徴があることは理解できたかと思います。ここからは、紹介した特徴をもとに軽作業に向いている人の特徴を紹介していきます。まとめると以下の通りです。

  1. 単純作業を苦にしない
  2. 集中してコツコツと作業ができる
  3. 体力がある・体を動かしたい

1つでも当てはまるのであれば、軽作業への応募を検討してみてはいかがでしょうか。

 軽作業に向いている人の特徴1.単純作業を苦にしない

軽作業に向いている人の特徴として、単純作業を苦にしないということが挙げられます。軽作業は単純作業の繰り返しのため、人によってはどうしても飽きてしまったり、集中力が切れてしまったり、単純作業が苦しいと感じてしまいます。そのため、単純作業の繰り返しが苦にならないという方は軽作業に向いています。

 軽作業に向いている人の特徴2.集中してコツコツを作業ができる

軽作業はほかの従業員とコミュニケーションを取ることは少なく、1人でコツコツと作業をこなしていくことが多いです。そのため、1人で集中して作業するのが得意な人には軽作業の仕事は向いています。

 軽作業に向いている人の特徴3.体力がある・体を動かしたい

軽作業は体を動かして働くことが多いため、体力に自信がある方や、体を動かして働きたい方に向いています。「軽作業を始めて健康になった」「運動不足が解消した」という方も多く、普段運動不足を感じている方にはおすすめですよ。

 軽作業に役立つ資格・求められるスキルは?

軽作業は基本的に未経験でも働くことができますが、資格があると優遇されることもあります。とくにフォークリフトの資格を所有しているとかなり重宝されるケースが多いです。

求められるスキルは、ある程度の体力や集中力、正確性などが求められます。また、軽作業はベルトコンベアーで流れてくる製品に対して作業することも多く、ベルトコンベアーを止めないようスピードが求められることも多くあります。はじめのうちは苦労することもあるかもしれませんが、慣れればスピードも正確性も取得できるため、焦る必要はありません。

 軽作業の仕事を探すなら「コウジョブ」がおすすめ!

ここまで軽作業のお仕事について、仕事内容や魅力的な面・大変な面などを紹介してきました。軽作業と一言で言っても仕事は幅広くあり、未経験でも活躍できる仕事ということはお分かりいただけたかと思います。

ここまで読んできて、「簡単そうだしやってみたい」「自分はもしかしたら向いているかもしれない」「これなら自分でもできそうな気がする」など、軽作業の仕事に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

では、軽作業のお仕事を探すにはどうすればいいのでしょうか。軽作業のお仕事を探すなら、工場専門の求人サイト「コウジョブ」がおすすめです。

〈コウジョブをオススメする理由〉

  • 全国の工場求人が見つかる
  • 高収入・好条件の工場求人が見つかる
  • 普通の求人サイトにはない工場求人がたくさん見つかる

コウジョブを利用して軽作業のお仕事を探すことで”数多くの工場求人の中から””自分に合った好条件の求人を””エリアを気にせずに”探すことができます。

軽作業のお仕事への応募を検討している人はもちろん、まだ迷っている場合や、ちょっと求人を見てみたいだけの場合も、まずはコウジョブに登録してみてはいかがでしょうか?思いがけず魅力的な求人に出会えるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です