即入寮ってなに?いつ入寮できる?怪しい?気になる疑問にお答えします!

「求人票で『即入寮』という言葉を目にしたけど、どういう意味?」「即入寮って実際はどのくらいで入寮できるの?」と、即入寮についての疑問も多いのではないでしょうか。

即入寮とはその名の通り、すぐに入寮できるお仕事のことですが、詳しい内容やデメリットについても把握しておきたいですよね。

そこで今回は、即入寮に至るまでの流れや即入寮のメリット・デメリットなど、多くの人が気になる即入寮に関する疑問を解消していきます。

この記事を最後まで読むことで、即入寮について正しく理解した上で、即入寮の求人に応募できるでしょう。

  • こんな人におすすめの記事です
  • 即入寮の求人が気になる
  • 即入寮について詳しく知りたい

即入寮とは

即入寮とはその名の通り、すぐに入寮できるお仕事のことです。基本的に入寮して働く求人ですので、工場などのお仕事が多いのが特徴です。

すぐに入寮できるため、他の寮を出たばかりなどの理由で住居がない方はもちろん「すぐに働きたい」「すぐにお金が必要」という方などにもおすすめですよ。

 即入寮の流れ

ここでは、即入寮、仕事開始の流れを紹介していきます。企業によって多少異なる場合がありますが、おおまかな流れは以下の通りです。

  1. 応募
  2. 面接
  3. 採用
  4. 入寮
  5. 仕事開始

1つずつ詳しく解説していきます。

即入寮の流れ1.応募

まずは「即入寮可」と記入のある求人に応募するところから始まります。工場や製造業の求人を専門に扱うサイトから探すと、たくさん求人がヒットするのでおすすめです。条件を検索して自分に合った求人に応募しましょう。

 即入寮の流れ2.面接

応募後、担当者から連絡が来るため、面接の日程を決めましょう。企業にもよりますが、即入寮の求人の場合、話が速く進むことが多いため、当日や翌日でも面接を行えることがあります。担当者と連絡を取り、日程の確認や持ち物の確認などを済ませます。また、求人に関して疑問がある場合はこのときに確認しておきましょう。

 即入寮の流れ3.採用

面接を経て採用が決まると、入寮日や入寮に際して用意する書類、持ち物などを確認していきます。対応の早い企業だと、面接の翌日には入寮できることもあります。

 即入寮の流れ4.入寮

入寮日に入寮します。寮に入ると共有部分の使い方や寮についての説明を受けるため、しっかりと把握しておきましょう。ルールを守らないとペナルティを受けたり、職場での評価につながってしまうため、しっかりと理解し、疑問があれば解消しておきましょう。

 即入寮の流れ5.仕事開始

入寮の2~3日後から仕事が始まります。

 即入寮のメリット

即入寮とは、すぐに入寮できるお仕事のことというのは理解できたかと思います。では、実際に即入寮するメリットはどのようなところにあるのでしょうか。ここからは、即入寮のメリットについて紹介していきます。まとめると以下の通りです。

  1. すぐに住めて安心
  2. 入寮に費用がかからない
  3. すぐに仕事が決まる

1つずつ紹介していきます。

 即入寮のメリット1.すぐに住めて安心

即入寮のメリットとしてはやはり、すぐに住居が見つかるので安心できることが挙げられます。即入寮でない求人の場合、「合格か不合格かわからないから次の行動に移せない」「寮が開くまで待たなきゃいけない」といったことが起こってしまいがちですが、即入寮の場合は待つ必要がありません。その日のうちに電気やガス水道も使えることがほとんどで、備品も揃っているため安心です。

 即入寮のメリット2.入寮に費用がかからない

即入寮のメリットとして、入寮に費用がかからないことが挙げられます。一般的に普通の賃貸住宅を借りる際には、入居するのにかなりの初期費用がかかってしまいますが、入寮の場合はかかりません。家具や家電も揃っているため、手持ちが少なくても入寮できるのがメリットです。

また、多くの寮付き求人は寮費が無料で、水道光熱費も負担してくれる場合もあります。費用をかけずに居住場所を確保できるので、安心です。

 即入寮のメリット3.すぐに仕事が決まる

一般的な求人であれば、入寮どころかお仕事が決まるのにも数週間かかってしまいます。すると、毎月の支払などの際にお金を準備できないというケースになりかねません。しかし、即入寮の求人であれば、入寮とともにお仕事も決まるため、支払いや生活費などの目途が建てられます。

 即入寮の注意点

即入寮の求人にはメリットが多くありますが、一方で注意しなければならないこともあります。ここからは、そんな即入寮求人の注意点について解説していきます。即入寮の注意点をまとめると以下の通りです。

  1. 派遣会社や勤め先によって、即入寮の意味が違う
  2. 日用品などは揃える必要がある
  3. ”即入寮”なので準備をすぐにしなければならない

1つずつ解説していきます。就業後に「こんなこと聞いてない」「こんなはずではなかった」など後悔しないよう、最後まで目を通しておいてくださいね。

 即入寮の注意点1.会社によって即入寮の意味が違う

会社によって「即日」の意味はさまざまです。そのため、事前に会社に確認するようにしましょう。ほとんどの場合、「即入寮」と書いてあっても、「今日から今すぐに入寮できる」というわけではありません。会社によって、「面接当日」「面接翌日」「面接の一週間後」「面接の10日後」など、さまざまです。

最短で入寮する場合、まずは面接の日程などを決めることも考慮すると「面接まで1日、入寮まで0日」や、上手く面接にありつけたとして「面接まで0日、入寮まで1日」のような日程になるため、運が良ければ翌日に入寮できる場合があります。ですが、面接日程や入寮日程に少し時間がかかることもありますので、数日~1週間は覚悟しておいた方がいいでしょう。

ただ、一般的な住み込み求人であれば数週間~1ヶ月かかるため、それらと比べるとかなり早く入寮できるのは確かです。

また、入寮から勤務開始までの期間も会社によってさまざまです。入寮後は書類の手続きや寮の使い方、勤務の説明などがあるため2~3日は最低でもかかるでしょう。

 即入寮の注意点2.日用品などは揃える必要がある

即入寮とはすぐに入寮でき、電気やガス、水道などのインフラや、テレビやエアコンなどの家具家電をすぐに使うことはできますが、日用品は自分でそろえなければなりません。そのため、歯ブラシ・歯磨き粉や着替えなどは用意しておく必要があります。寮によって備品のラインナップは異なりますが、その他にもシャンプーや掃除用具などが必要な場合もあります。生活用品がどの程度揃っているのか確認しておくと、新生活をスムーズに始めることができるでしょう。

 即入寮の注意点3.早めに準備を進めなければならない

即入寮とはすぐに入寮するということなので、書類などの手続きも早め早めに行えるように準備しておくことをおすすめします。また、面接に必要な履歴書と身分証も早く準備すればその分面接も早めに行うことができるかもしれません。

 即入寮の気になる疑問・質問

ここでは、即入寮について多くの人が気になる疑問や質問を解消していきます。基本的には企業によって異なるため担当者に聞くようにしましょう。

 即入寮の疑問1.身一つで入寮できる?

多くの寮では、生活に必要な家具や家電はそろっていることが多いので、荷物はかなり少なく済みます。ただ、先ほども説明した通り歯ブラシ等の日用品は自力でそろえなければなりません。また、面接に必要な履歴書や身分証明証も準備しておきましょう。荷物はむしろ多すぎると入寮・退寮時に大変なので、荷物は最低限の方がいいでしょう。

また、ある程度のお金も必要です。寮までの道のりの交通費がないと寮までたどり着きません。支給してくれる企業もありますがほとんどが後日請求しなければならないため、立て替えなければなりません。給料日までの生活費も必要です。生活費が安いとはいえ、用意しておきましょう。用意できそうにない場合は、企業によっては前払いや日払いに対応してくれますので、確認しましょう。

 即入寮の疑問2.寮のタイプは?部屋を選ぶことはできる?

寮のタイプは企業によってさまざまですが、多くの場合は風呂やトイレなどは共有で、自室は個室といったケースが多いです。ほかにも、集団で住むシェアハウスタイプの寮や、完全個室のアパートタイプの寮まであります。気になる場合は事前に担当者に確認しましょう。

寮の部屋を選ぶことはできません。あらかじめ部屋が決まっている場合がほとんどで、間取りや立地条件が気になる方は寮よりも自分で部屋を借りる方がいいでしょう。

また、寮には規則やルールがあります。共有部分の使い方や家族・友人の立ち入り許可の有無など、入寮前に説明があるのでしっかりと把握しておきましょう。

 即入寮の疑問3.実際、応募からどのくらいで入寮できて、どのくらいで働ける?

繰り返しになりますが、”即”入寮と言っても企業によってどれくらいで入寮できるかは変わってきます。入寮して働くまでの流れは「応募⇒面接⇒採用⇒入寮⇒仕事開始」となりますので、応募当日に入寮するのは日程や募集条件などがかみ合わないと厳しいでしょう。

最短で入寮する場合、応募から入寮までは早くても1日、遅くて一週間程度と見ておきましょう。寮の空き具合や準備などによっても変わってきます。

入寮から仕事開始までは、寮の使い方の説明や書類等の手続きを考えると2~3日後です。

一般的な住み込み求人であれば数週間~1ヶ月かかるため、それらと比べるとかなり早く入寮できるのは確かです。

 即入寮の疑問4.寮の設備は?Wi-Fiはある?

繰り返しになりますが、寮には家電や家具などの生活備品があらかじめ揃っています。具体的には、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・布団(ベッド)は確実にあります。エアコンと電子レンジもほぼほぼ確実にあります。そのため、着替えと歯ブラシさえあれば基本的には過ごせるでしょう。その他、ハンガーや洗濯ばさみ、物干し竿などはあると便利ですが。現地で調達できるため必要になってから買えばOKです。

セキュリティ面と、インターネット環境については寮によります。期待できない寮もあれば、ほとんど揃っていて至れり尽くせりな寮もあるため、断定できません。インターネット環境を重視する場合はポケットWi-Fiや、自分でプロバイダと契約してネット環境を整えるなどの対処が必要になるかもしれません。

 即入寮の疑問5.寮の人間関係ってどんな感じ?

寮で生活するとなると気になるのは人間関係ですよね。やはり、他の人と共同で生活したり、風呂などを共有で使うとなると、ある程度の気遣いは必要でしょう。特に社員寮などのように職場でも一緒の人たちと住むということは、問題を起こした場合や迷惑をかけた場合に、職場での立場も危ぶまれる可能性があります。寮の人間関係が職場での評価に直結してしまう場合もあるため、注意しましょう。

ただ、職場の人とプライベートでも仲良くなれることはメリットでしょう。普通の職場よりも寮生活での職場の方が関係を深めることができます。

寮の人間関係は、ある程度のルールとマナーを守れば、良好な人間関係を築くことができるでしょう。

 即入寮の疑問6.仕事はどんな感じ?自分にできるか不安

即入寮は寮生活とともに仕事も始まります。未経験の場合いきなり就業して働けるか不安もあるかと思いますが、求人票に【要資格】などの特別な記載が何もなければ、未経験でもすぐに働くことができます。工場での仕事のほとんどはマニュアル化されているため作業内容は覚えやすく、複雑な業務や特別な知識を必要としないことがほとんどです。一緒に働く仲間も未経験で始めた人がほとんどなので、安心して就業できますよ。

 即入寮の疑問7.生活費はどのくらいかかる?

寮生活の場合、寮費が無料であったり、一部負担してくれたりと、固定費はかなり安く済みます。また、工場や寮には安い食堂が設置されていることが多く、食費も浮くでしょう。水道光熱費も企業によっては負担してくれます。職場までの交通費も、専用のバスが出ていたり、歩いて通える距離だったりするためほとんどかかりません。

そのため、必要となるのは歯ブラシや着替えなどの日用品にかかるお金と、食費程度でしょう。金額で言うと数万円程度で済む場合がほとんどです。寮費や水道光熱費などの負担割合は企業によって異なるため、しっかりと確認しておきましょう。

 即入寮の疑問8.お給料はどのくらい?貯金はできる?

住み込みで工場で働く場合、かなり貯金はしやすいことがメリットです。工場求人の給料相場は、時給1200~2000円程度で、仕事内容や資格の有無によってはさらに上がることもあります。月に200時間程度働くとして計算すると、月給は24万円~40万円程度になります。生活費も安く済むため、すぐに貯金ができますよ。

 即入寮の疑問9.”即入寮”は怪しいって聞くけど、実際どう?

特にネットなどの噂で「即入寮は罠」「即入寮はブラック」といった書き込みも見られ、「怪しいのでは?」と感じる人もいるかもしれません。また、「寮費が無料なんて、何か裏があるのでは?」と感じるかもしれません。ですが、「即入寮」という言葉だけでブラックと決めつけるには早すぎます。

そもそも、工場側が寮を用意する理由としては以下のような理由があります。

  • 工場が田舎にあるため通勤しやすくするため
  • 夜勤の人員を確保するため
  • 待遇を良くして1人でも多く採用したいため(人手不足)

もちろん企業によるのかもしれませんが、少しでも人手が欲しいという気持ちから待遇を良くしている場合がほとんどのため、勤務時間や仕事内容は真っ当なケースが多いです。

たしかに、工場の仕事や、寮の環境、生活リズムに慣れない最初のうちは苦しく感じるかもしれませんが、工場のお仕事はすぐに慣れる仕事内容が多いです。2~3週間働いて慣れれば、問題なく働けます。

 コウジョブで即入寮の仕事を探そう

ここまで即入寮仕事について、基本的な定義から、実際に入寮する流れ、メリットと注意点などを紹介してきました。即入寮とはどういったものなのか、理解が深まったのではないでしょうか。

即入寮の定義は企業によってさまざまですが、翌日~1週間程度で入寮でき、数日後には仕事もできるということはお分かりいただけたかと思います。最後まで読んで、即入寮の求人について興味を持ち、実際に求人を見てみたいという方も多いのではないでしょうか。

即入寮の求人を探すなら、工場や製造業の求人を専門に扱う求人サイトから探すようにしましょう。特におすすめの専門求人サイトが「コウジョブ」です。コウジョブなら、即入寮の求人をはじめ、あらゆる好条件の工場求人が多数見つかります。

〈コウジョブをおすすめする理由〉

  • 全国の工場求人が見つかる
  • 高収入・好条件の工場求人が見つかる
  • 普通の求人サイトにはない工場求人がたくさん見つかる

即入寮のお仕事への応募を検討している人はもちろん、まだ迷っている場合や、ちょっと求人を見てみたいだけの場合でも、まずはコウジョブに登録してみましょう。すぐに魅力的な求人に出会えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です